日本フォーカシング協会

年次大会・総会

令和元年(2019年) 日本フォーカシング協会年次大会~ フォーカサーの集いinしまね ~

 記念すべき令和元年の「フォーカサーの集いinしまね」、いよいよ申し込みが始まりました!神話の里で新しい時代の幕明けを感じてみませんか。このページでは、詳しい日程と申込み方法、出店の申込み方法、公開ワークショップ、懇親会、そしてアクセス、宿泊、観光についてご案内します。たくさんのご参加、お待ちしてまーす!!               実行委員長 土江正司

【開催日】

2019年8月24日(土)・25日(日)

【会場】

島根県民会館

〒690-0887島根県松江市殿町158

ウェブサイト https://www.cul-shimane.jp/hall/

*行き方については下記の「交通機関」をご参照ください。

【大会日程】

<大会第1日目> 2019年8月24日(土)

10:00~12:00 公開ワークショップ
12:00~12:45 昼休憩(希望者にお弁当配布)
12:45~13:30 オープニング
13:30~14:00 ホームグループ
14:10~16:10 セッション1
16:10~16:30 休憩(松江銘菓をどうぞ!)
16:30~18:40 総会
19:00~21:00 懇親会

<大会第2日目> 2019年8月25日(日)

9:00~9:30 ホームグループ
9:30~11:30 セッション2
11:30~12:50 昼休憩(そば処散策などいかが?)
12:50~14:20 セッション3
14:30~16:00 セッション4
16:00~16:30 クロージング

【懇親会】

島根の地酒&地ビールでおもてなし!
会場:「サンラポーむらくも」(島根県民会館から徒歩1分)

【参加受付期間と参加費】

1.申込み締切 令和元年7月29日(月)

2.集い参加費:5000円(公開ワークショップは集い参加費に含まれます)
※公開ワークショップ参加費(一般の方のみ):1,000円

3.懇親会参加費:6000円

【申込み方法と振込先】

1.申込み方法

  • メンバーの方は、ログインした後にこちらの年次大会申込みフォームからお申込みください(メンバー限定)。
  • 発表(出店)を募集しております。発表(出店)をご希望の方は、ログインした後にこちらの出店応募フォームからお申込みください(メンバー限定)。
  • 公開ワークショップは一般の方(非メンバーの方)もご参加いただけます。一般の方(非メンバーの方)で公開ワークショップにご参加希望の方は、こちらの公開ワークショップ申込みフォームからお申込みください。
    ※一般の方の公開ワークショップ参加費(1,000円)は当日の受付にてお支払い頂きます(年次大会の申込みは必要ありません)。
  • 申込み締切 令和元年7月29日(月)

*メンバーの方で、インターネットでのお申し込みが困難な方につきましては、ニュースレター(2019年春号)に申込方法を記載しておりますのでご覧ください。

2.参加費

  • 年次大会にお申込みいただいたメンバーの方に、参加費の振込先をお知らせいたします。
  • 一般の方の公開ワークショップ参加費(1,000円)は当日の受付にてお支払い頂きます。
≪お願い≫
  • お振込を持ちまして、お申込みが完了します。振込票は大切に保管してください。
  • キャンセルの際は返金できませんので、ご了承ください。

【交通機関】

  • ≪飛行機≫最寄りの出雲空港には羽田、伊丹、福岡、名古屋、静岡、仙台、札幌(夏季のみ)との定期便が就航しています。出雲空港から松江駅までは連絡バスで30分です。また米子空港には羽田便が就航しており、松江駅までは連絡バスで45分です。
  •  
  • ≪JR≫新幹線で岡山駅下車、伯備線特急「やくも」に乗り換え、松江駅まで2時間半です。
  •  
  • ≪高速バス≫東京(夜行便)、京都、大阪、神戸、広島、岡山、福岡(夜行便)から松江駅まで高速バスが出ています。
  •  
  • ≪駐車場≫土日は県庁(徒歩2分)の駐車場が開放されています。ご利用ください。
  •  
  • ≪松江駅から会場まで≫
  • 松江駅北口バス乗り場から「県民会館前」下車(10分、運賃170円)
    • 松江市営バス/「大学・川津行」(2番のりば)、「松江しんじ湖温泉行」(3番のりば)、「北循環線外回り(運賃210円)」(1番のりば)
    • 一畑バス/「美保関ターミナル行」(2番のりば)、「松江しんじ湖温泉行」(3番のりば)、「恵曇・片句・古浦・高専行」(6番のりば)

【宿 泊】

 会場周辺には懇親会場でもあるサンラポーむらくも(すでに満室!)、市内観光に便利な松江シティホテル(各部屋に温泉浴槽)があります。松江しんじ湖温泉や大橋川沿いのホテル・旅館も徒歩圏内です。松江駅周辺にはビジネスホテルが多数あります。2駅離れますが美肌の湯として有名な玉造温泉もあります。いずれも早めの予約をおすすめします。

【松江・島根の観光】

 今年は日本三大船神事と言われる10年に一度の「ホーランエンヤ」が5月18日~26日に開催され、今松江はその練習の様子などが毎日のように報道されています。2015年には松江城が国宝に指定され、全国からお城ファンが訪れるようになりました。城の周囲では船頭さんが名調子を聴かせてくれる「堀川めぐり」を楽しめます。また松江に殊の外思い入れの強かった小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)の記念館や旧居も堀川端です。宍道湖岸の島根県立美術館は夕日の絶景ポイントです。茶人大名で知られる松平不昧公ゆかりの茶室を巡るのも一興でしょう。そして松江とその周辺は古事記にも登場する神社がたくさんあります。清々しい気を感じてみるのもお勧めです。
 少し足を伸ばせば、出雲大社、毎年「世界一の日本庭園」と評価を受ける足立美術館、牡丹が有名な由志園、仏教学者中村元記念館、さらに足を伸ばせば世界遺産の石見銀山、霊峰大山、ジオパークにも指定されている隠岐の絶景は必見です。
 不昧公のお蔭で発達した松江銘菓は会場でもご賞味いただけるようにします。色が黒く、コシがあり、薫り高い出雲そばは会場周辺に人気店がいろいろあります。ノドグロを始めとする日本海の幸についてはきっとお目当ての方も多いことでしょう。「王祿」「李白」など全国ブランドの日本酒もぜひ期待してください。

【その他】

年次大会は協会メンバーであればどなたでもご参加いただけます。入会をご希望の方は入会のご案内をご覧ください。

協会ニュースレターの2019年春号 に「2019年度年次大会第2報」を掲載しています。協会メンバーの方はご一覧ください。